長野・久留米の人間ドック事情

久留米の人間ドック事情

久留米は福岡県で3番目に大きな都市であり、多くの人が生活しています。県の中心である福岡市にも近いこともあり、多くの産業が盛んにおこなわれています。久留米においても人々の健康に対する関心は高まってきており、市内にあるクリニックなどにおいても人間ドックが行われています。会社によっては40歳を過ぎた場合には人間ドックが奨励されている場合も多く、利用している人も多くいます。比較的近くの福岡市には大きな病院がたくさんあり、最先端の医療機器がたくさん導入されています。そのため、それらの医療機関を利用することで精密な検査を行うことが可能です。人間ドックで重要とされているもののひとつにがんの早期発見があります。現在では早期のがんはほとんど治療が可能なため、検査を行うことで命が助かるケースも非常に多いのです。久留米には最新のPET検査を行うことが出来る病院などもあるため、希望すれば精密な検査を受けることが出来ます。

長野の人間ドック事情

通常の健康診断は会社で義務付けられていますが、健康診断ではすべての病気を発見することができません。より詳しく体の状態を知りたい場合は、人間ドックを受けることになります。検査項目が通常の健康診断よりも多くなることや、CTやMRIによる診断など、より高度な検査が行われます。また、一日宿泊して行う一日ドックと、検査項目を少なくして日帰りができる日帰りドック、また脳に特化した脳ドックなどもあります。

長野の人間ドック事情に関しては、多くの病院で人間ドックを行っていることもあり、検査を受ける人は増えています。検査結果については、異常なし、あるいは軽度異常だが心配なしの割合が10%程度と大変低く、人間ドックにおいて病気が見つかる人が多くなっています。最も多いのは生活習慣病である高コレステロールで、肥満や肝機能異常などがその後に続きます。女性よりも男性にこの傾向が強いようです。この検査結果を見て、食生活を改善するきっかけとなる場合も多いようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)