人間ドックの検査内容

人間ドックの検査内容

人間ドックというサービスは近年注目を浴びることが多くなってきました。健康ばかりはお金で簡単に買うことが出来るものではないため、失ってしまう前に自分で守ろうという気持ちが社会的にも高まってきているということが出来ます。そのため健康保険の適用されることのない高額な医療サービスでありながら、人間ドックを利用する人の数は増加傾向にあります。
その検査内容には様々な種類がありますが、是非実施しておきたい検査としては胃がんの早期発見のために行う胃部X線検査、あるいは胃カメラと、腹部の臓器を超音波で調べることのできる腹部超音波検査は実施しておきたい検査です。40歳を超えていたら男性の場合には前立腺がんの検査であるPSAはやっておきたいですし、女性であれば婦人科の検査はしっかりと受けておきたいものです。このように一口に人間ドックといっても内容はまちまちですので、どのような検査を受けたいかを明確にして利用すると良いでしょう。

人間ドックの検査項目について

人間ドックの検査項目は日帰りや一泊二日といったコースによって分かれており、日帰りはコースは短時間で総合的な健康診断を行い、一泊二日コースはより精密な検査を行います。
体重や胸囲、血糖値、内臓脂肪、血圧などに重点が置かれていますが、医師の判断により心電図や貧血の検査などが追加される場合もあります。
また、がんの時に血液の中で増加する成分を測定する腫瘍マーカーという検査もあります。
全てのがんは異常を示す確率はかなりの高率となりますが、早期のがんだけはその確率は低下します。
腫瘍マーカーは進行がんはもちろん、早期がんであっても手術をすれば助かる可能性のあるがんを見つけるきっかけとなる検査です。
人間ドックは健康保険が適用されず、任意なので全額自己負担で受ける検査です。
同じ検査項目でも医療機関ごとに検査方法や単位が統一されていないのが現状となっており、複数の病院による検査結果を比較する際には、基準値が異なっている場合がありますので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)